FC2ブログ

ミネラルバランス ミネラルで心も体もお財布も健康に!★

ビタミンをいくら摂ってもミネラルが無ければ吸収できません。 現代では土壌にミネラルが少なくなっている為、特別に摂取する必要があります。 それも植物から摂れるミネラルが最高なんです。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミネラルには・・・

◎ミネラルには、ビタミンや脂肪酸、キサントン・ポリフェノールなどの栄養素を吸収して用いる体内機能を調整する働きがあります。
ミネラルが不足すると、ビタミンやこれらの栄養素は本来の役割を果すことができないまま、すぐに体内から排出されてしまいます。

ビタミンが不足しても、体はミネラルを使うことができますが、
ミネラルがなくなるとビタミンは働かなくなります。
この事実は、現代の科学が人間の健康に関して発見した最新かつ最も重要なものです。
研究により、ミネラルの不足と病気との間に相関関係があることが証明されています。
例を挙げると、糖尿病と低血糖症はクロム、亜鉛、バナジウム不足と関連があり、ガンと心臓病はセレニウム、銅などの不足と関連があります。

他の栄養素にも影響力のあるミネラルが健康の鍵を握っていることはもはや言うまでもありません。
高価なビタミン剤を飲んでもミネラルが不足していれば排出されるだけだったのです。

これでは効能の高い錠剤をいくら摂取したり、外国産のフルーツジュースを何杯飲んだとしても、適切なミネラル補強がなければ、莫大な費用の無駄となります。


◎現代時はミネラル不足ですなぜなら・・・

まだまだ研究し尽くされていないミネラルですが現在わかっているだけでも人間には60種類以上のミネラルが必要とされています。
しかし60種類以上のミネラルを含んだ植物はほとんどあり得ません!

最近の促成栽培の野菜に含まれるミネラルやビタミンは
50年前の1/2~1/3、
説によっては1/10しかありません。

人間の生活の場が汚染される一方で、食生活の偏りや西洋医学の対症療法の一つである抗生物質の多用により人体の免疫力自体の低下が著しくなっています。
免疫力が低下しているだけではなく、ストレスなどで体内における活性酸素が過剰発生してしまい、遺伝子は傷つき、病気になる要因を作り続けています。

ミネラルは通常、食物、水を通して人体に取り込まれます。
野菜などの食物は土壌からミネラルを吸い上げて蓄え、水は土壌によってろ過されるうちに、土壌に含まれるミネラルが溶け込みます。
これらを人間が摂取することによってミネラルを補ってきたのですが、汚染によって土壌のミネラル含有量が大幅に少なくなってしまい、結果的に現代人のミネラル摂取量が不足しているのです。


◎現代の食物内に含まれる栄養は不足しています。
サプリメントで使われているミネラルのほとんどが「金属性のミネラル」で、その被吸収率は消化器官の状態にもよりますが、
せいぜい3%~12%にすぎません。
卵の殻やサンゴのカルシウムなどが金属性のミネラルです。

ミネラルをより効率的に摂取するには、キレート化した状態で摂ることです。キレート化により、金属性のミネラルはアミノ酸などの体に吸収されやすい物質と結合します。
通常、キレート化したミネラルの被吸収率は、少々の誤差を計算に入れても約40%にはなります。
しかし、ミネラルを効率的に摂取するには、植物から取ることが一番です。
植物は、土壌からプラスのイオン電荷を持つ大きなミネラル分子を取り込んだ後、光合成を介してこれらの分子を小さく(赤血球の7000分の1以下)分解し、マイナスの電荷を与えます。
このミネラルは水溶性で、被吸収率は最大98%にもなります。

これこそが、最も安全かつ効率的に体内に吸収されるミネラルです、まさに、大地が私達のために作り上げたミネラル摂取法なのです。

  こんな方におすすめ !
 ●スポーツをする人 ●ストレスの多い人  ●免疫力が低下している 
 ●血液サラサラになりたい
 ●脳を活性化したい
 ●スタミナがほしい
 ●肌荒れが気になる
 ●肝機能が低下している ●ぜんそくやアレルギー鼻炎など


★以下の症状でお悩みの方は一度お試し下さい。
※個人差がありますので必ず効果があるものではありませんが、多くの方から改善されたと朗報を頂いております、無害ですからお気軽にお試し下さい。


●ダイエットしているが余り効果がない。
●花粉症アトピーで悩んでいる。
●コルステロール数値が高いなどの成人病。
●化粧水に混ぜお使い頂くとお肌(しみ・ソバカス・こじわ)が・・・・・。
●糖尿病・水虫・痛風・やけど等。
●その他、色々な症状に改善が見られます。
 ※この商品は薬ではありません。


次回に続く・・・

試してみようかな?

もうちょっと詳しく知りたいなぁ・・・ 

って思われた方は 


>こちらに来て見てください 


無料仮登録をしておくと、お役に立つ情報が
3日に一度の割合で1ヶ月くらい届きます。
その間にゆっくりと考えてみるのもいいですよ。
もし仮登録される場合の
合言葉は <ごま> でお願いします。

いつでも解除できますので、

>>お気軽に どうぞ (^o^)丿

スポンサーサイト

テーマ:健康ニュース - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2005/08/11(木) 09:28:57|
  2. (02) ミネラルとビタミン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<ミネラルは大きく3つのタイプに分けられます。 | ホーム | 何故、今ミネラルが必要か?。>>

コメント

種から育てるガーデニング

種の検索サイト。種まき、種牡馬、外来種、甲種、危惧など種に関する各種情報をお届けしています。 http://garrulous5.santamonicatravelodge.com/
  1. URL |
  2. 2008/09/10(水) 04:23:24 |
  3. #-
  4. [ 編集]

カメラ・光学機器

カメラ・光学機器を探すなら http://www.hvrdesigns.com/211742/100212/
  1. URL |
  2. 2008/09/20(土) 09:44:47 |
  3. #-
  4. [ 編集]

医薬品(動物用)

医薬品(動物用)を探すなら http://www.karakustr.com/101213/210750/
  1. URL |
  2. 2008/09/20(土) 20:21:33 |
  3. #-
  4. [ 編集]

ビール・洋酒

ビール・洋酒を探すなら http://www.umaiumai.biz/510915/
  1. URL |
  2. 2008/10/12(日) 05:53:22 |
  3. #-
  4. [ 編集]

車、バイクを買ったら自賠責保険

自賠責保険の検索サイト。料金、慰謝料、自賠責保険料、自動車、解約など自賠責保険に関する各種情報をお届けしています。 http://kagu.stuartmembery.com/
  1. URL |
  2. 2008/12/10(水) 04:19:46 |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mineral.blog19.fc2.com/tb.php/2-f9cdb662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミネラルと健康維持

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。